おたずね

忍者くんのヨロイの倒し方、知ってる人いたら教えてください
メールはコチラ。
unagiinu
@jcom.home.ne.jp


あわせて読みたい
カテゴリー
■主催イベント■

『ウタモノの夕べ』
http://utamono.to

次回開催決定!
07年10月20日(土)

三軒茶屋Rain on the roof
前々回のはmap福田氏に続き、ゲストに渚十吾さんをお迎えします!!(弾き語りミニライブあり)
お楽しみに!


月別アーカイヴ
モバイル版
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
何にもなさ ポツドール 女シリーズ『女の果て』
回想その2
ポツドール「女の果て」

行ってきましたポツドール。
赤坂レッドシアターはそれほど大きくないせいか、かなりの混みよう。当日券での臨時席も多く出て、それだけ待望感を持たれていたのかも。

前回公演「人間・失格」は近すぎて、うわーこりゃよく言う"不気味の谷現象"だ!と言いはしたものの見事なギャグでもあって、自分にとってはやっぱり、ポツドールのお芝居は安全で良質だなと、見終わってすっきりする。

女シリーズ、今回の舞台はデリヘルの待機部屋。リアルなセットと演出、いつもな自然体の演技で、アダルト産業の気だるく漂う疲弊感が生々しい…。見事にどこかの部屋の生の表情を晒してる。

「恋のから騒ぎ」や「ワイドショーで奥菜恵のスキャンダル」が部屋に流れる演出もこの舞台そのものがワイドショーだと、見ているほうもワイドショー感覚で他人の醜聞を覗き見しているんだよ、と言っているよう。いつものポツドールらしい。それでも、もうちょっと突っ込むとただの露悪趣味に終わりそうなところが、そこからはみ出していかない。安全で良質な完成されたお芝居だな、と思う。ここにも何にも無いよなぁ。

自分が見た中でも三浦さんの演出と脚本の公演のほうが好きだなとは思ったけど(自分が男だからなのか)でも今回も緊張感あふれる演出と演技はお見事で、やっぱり満足。特に奥さん(安藤聖さん)がでてきて今まで暗黙のうちにヒエラルキーのトップだった子の座があっけなく崩れ落ちるところと、面接での業務内容の説明が良かった。あれは言いそう。というかあんな風俗の人いたよ。笑った。

トークショーは森下くるみさんとレズ女優ナンシーさん。
これまたまったく実ってなくてもどかしい感じでありました。
金沢文子さんが復活するとか。
| カルチャーひとまとめ | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
なんにもない 五反田団『生きてるものはいないのか』
回想する日記。日記はフィクションだろうけど、回想することで余計フィクション。 
五反田団『生きてるものはいないのか』
11/4(日) 五反田団『生きてるものはいないのか』を観に行きました。フライヤーが良い紙になり、値段もあがった。題名の通り、誰もが死んでいくお芝居。だいたい自分たちは緩やかに死に続けてるわけだし、「生きていたって何とやら」とか、ね。

近頃観に行ったお芝居のフライヤーに五反田団前田さんの一言とやらを見つけて、そこには『何にも無い』と大きく書かれてた(上手くないあの字で)。もうこれには強く頷いてしまう。思うところは違うかも知れないが、何にもないよ、ほんと何にも無いんだ、って。全部何かからの反動だったり、身体の記憶だったり、それこそ化学作用だったり。ほんとは何にも無い。何も無いんだから、ってだからいつもまあそういうこともあるだろうなぁ、という結論になる。

えっとそれで、前からそこそこ五反田団を見て来て、おしっこが止まらなくなる男の話を書いたり岸田戯曲賞をマターンに寄付しに行ったり、そんな虚構とパロディを作ってた五反田団が、『死』を扱うってことも興味深くて。

死ぬ時に面白く個性的な人なんか居るわけなくて、今までも『死』はさんざん笑い飛ばされて来て。そして五反田団の描く『死』はなんというか、徹底的に距離を置いてくだらないものだった。死んで横になった人も思いきり舞台上でお腹を上下させている。考えていた辞世の句を先にいわれ苦悶の表情で死ぬ。などなど。その冷徹な手つきはネビル・シュートの「渚にて」を思い出したりして。最後の演出もひとひねり。死に行くからだってなんだろうなぁ…生きるとは何だろうと考えた。そしてすぐ忘れた。

終演後、バッタリ梅山くんの奥様に会う。せっかく夫妻とご飯でも、と誘ってもらったのに1人でインテリアの買い物に行った。こんなときだけいつもは発揮しない計画的決断を発揮してしまった。

しかしほとんど収穫は無くて、結局インターネットでニトリのコタツを買った。60×60のお手頃サイズ。新しい部屋に新しいコタツ。
| カルチャーひとまとめ | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
キサラギ/seabear/pastel records
ねむい。

池袋シネリーブルで『キサラギ』を見る。これは素晴らしかった! 一年前に自殺したアイドル『如月ミキ』の追悼オフにネットで知り合った5人が集まって…

一幕映画なんだけれども、脚本の練られ方がハイレベル、掛け合いでテンションが跳ね上がって行く5人の演技にも引き込まれたし、「ALWAYS 三丁目の夕日」(脚本同じ人)もまんまと泣かされたけども、これにも泣いた! 『如月ミキ』がオタ愛に包まれてじんわりと輝きだして…。オタダンスも愛くるしく、お、お前がカイザーソセか!っていうくらいね、ラストのどんでん返しの盛り上がること!

って言うのはみんなも言ってるんだけど、いちばん良かったのがラスト。
最後の最後、今まで5人に語られているだけだった『如月ミキ』の映像が露になる。最後に如月ミキの実像を出すべきじゃなかった、という感想も見受けたけど、

最後にでてきた実物の『如月ミキ』が言うほど可愛くなく(失礼、わざとB級風にも撮ってる)、オタクたちが回想し思い思いに語った『如月ミキ』の方がよっぽど輝いてる、そこにこそ、この映画の素晴らしさがあるんじゃないか!

あれほど5人が盛り上がってる実物もハタから見ると全然そうでもない、っていう、あのシーンがあるから、この映画、好きだなぁ。

今日の一枚 seabear「The Ghost That Carried Us Away 」
The Ghost That Carried Us Away

いつも素敵な音楽を教えてくれるpastel recordsから。気になる盤を調べてるといつも行き当たったりする奈良のセレクトCDショップ。元はと言えば去年くらい、mv & ee with the bummer roadを調べてて辿り着いたのでした。morr music発、秋風感じるアコースティックもの。fromアイスランドでmumのメンバーも参加してるらしく、くせの無い暖かい音に仕上がってて、窓を開けて、小さな音でかけっぱなしにする。

家帰ったらいましろ先生の新単行本「盆堀さん」が届いた。
盆堀さん (BEAM COMIX)

| カルチャーひとまとめ | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
遊園地再生事業団:ニュータウン入り口
郊外ニュータウンの暮らし、ニュータウンの穏やかで平熱的な死、タンク山。
それぞれのモチーフがまさに郊外ニュータウンに近い場所で暮らす自分にとって今までで単純にいちばん身につまされて興奮。これも、これも、郊外だから。

んで、アンティゴネの決意。
うぉ、震えた!

南波典子さんの役柄がギリシア神話の『実はポリュネイケス』(弟たちが探していた長男)であった、のも印象深かったなぁ。

あれだけ嫌がっていた日本ダンス普及会に取り込まれて行く新婚夫婦の姿。あれもまた、ちょうど少し前に身近なことで「◯◯村」なんて揶揄して、自分が「◯◯村のドキュメンタリーを撮影してるうちに取り込まれて、ラストシーン、虚ろな笑顔で◯◯村に向うところで終わり」なんてギャグを言ってたものだから、それも人ごとじゃ無かった。

またスゴいもん見て、色々分からないなりに考える。

それでは今日の郊外の穏やかな一日のスナップを。ねこかわいい。後ろで歌っているのは母親。これもやがて過ぎ去っちゃうことだから。
| カルチャーひとまとめ | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
ドニー・ダーゴ「世界の終わりまで、あと28日6時間42分12秒」
会社の前、空が光った

今日も時間もの。
『ドニー・ダーコ』を見る。
ドニー・ダーコ

「世界の終わりまで、あと28日6時間42分12秒」
冒頭のシークエンスに漂うただならぬ不安定さと相反する爽やかさに引込まれて、漲る緊張感にラストシーンまで一気に見通した。これは素晴らしい…、んだけど…うん…。

せめて上映当時(2002年)に見ていたら、全然違ったかも知れない。
浅野いにおだったり、村上春樹だったり…乾いた絶望だとか、平坦な日常だとか、どこでもない場所だとか、世界と自分。そういう所からは、とっくのとうに遠く離れた気がしてしまう。 自分の中に湧き出たこの感覚が難しい。またこれもひどく懐かしい手触り。もう違う所にいるんだなって、その感慨だけが後を引く。

何せ毎日働いているのもでかい。
今見てるものはきっとまた違うんだな。

あとね、Joy Division の「Love Will Tear Us Apart」、あのシーンでこれ見よがしにかかったのが耐えられない…あれはちょっとダメ! うわこれやっちゃったー!! ってめちゃめちゃ恥ずかしくなったよ! そのストレートさがいいのかな…。
ラストの「Mad world」は良かった。
| カルチャーひとまとめ | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
企画展に/それでも町は廻っている(それ町)
日曜はイベントスペースの下見を兼ねて下北に。
ライブ後の若者が居て打ち上げをしてたりする。よくある青春の光景だ…いちいち感傷を覚えたりして。

それから、現代ハイツで知り合いの方の企画展に立ち寄る。創るってことについてたくさん聴かせてもらって、楽しかった。まずは抽象のイメージをドローイングにすること、だとか。
向き合ってる人の話はいいな。

■マンガ
それでも町は廻っている 1 (1)

各所で評判の「それでも町は廻っている」(通称それ町)。メイド喫茶にも女子高生にも全く興味が無く、おまけに最初間違って2巻から読んだものだから、いきなりテンション高い!意味が分からない!と思ったけど、それは1巻を飛ばしたせいでした。ささやかなエピソードが積み重ねられる日常が心地よくて、面白い。

それでも町は廻っている(それ町) で、この絵!目が4つ自画像の謎を解くという話に、既視感が。なんだ…なんだっけこれ…

まさか…
会ったことある?? キャー真夏のホラー!



どこかで見たはず…

そうだ!
これニルソンの「クニルソン」!
自己解決にてスッキリ!サプリ!

kknnillssonn

その他購入したもの
蝉時雨のやむ頃 / 吉田秋生
WHO are you / ジョージ秋山
広告批評8月号
時間は実在するか / 入不二基義
| カルチャーひとまとめ | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
アルファビル D坂 Serafina Steer
40度かぁ。夏は暑くて皆ひっぺがされる感じがいいですね。
むきだし。

お盆も毎日会社に行って仕事をしてるんだけど、何となく夏休みという感じ。上手く軌道に乗れば月数千万儲かりそうな案件が動いていて、思わず顔はこう(¥_¥)。もうカレー。

『仮面ライダー電王』にもハナ役で出演中、白鳥百合子さんと付き合ってる夢を見た!わーい。ユング言う処のアニマ。何ともいえない不思議な心持ちで目覚める。

夜、神宮の花火も見ずに帰宅して、借りていた「アルファヴィル」を再見。実相寺監督のウルトラセブン、「第四惑星の悪夢」はもろこれなのだ。ゴダールだけど、普通に分かりやすく面白いエンターテイメントなんだよね。アンナ・カリーナもいいけど、幻想の異世界、「猫町」的なパリの風景の方がグッと来る。未来なのにどこかサウダージ。

プールでの処刑シーンにシンクロナイズド、やっぱあれがすごいよ!(「第四惑星の悪夢」にも広場での同じようなシーンが)。

それから実相寺監督のD坂の殺人事件も。
肝心の犯罪トリックや謎解きは全て説明台詞で喋って10分で終了!この心意気が素晴らしすぎる!それよりも真田広之の女装やSM緊縛シーンに費やされて、実相寺監督の本領発揮。まごうことなき乱歩世界。三輪ひとみのこれがデビューであるという小林少年役のラストシーン、やばすぎる。これはやばい。

そういえばアンナ・カリーナと白鳥百合子さんはどことなく似てた。

今日の音楽は Serafina Steer「Cheap Demo Bad Science」
イーノの「By this river」ハープでのカバーが、印象的で愛おしい。

Serafina Steer
| カルチャーひとまとめ | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
私的デメキングの話
完結版、やっと購入届いて再読!


デメキング完結版


いましろ好きがこうじて、mixiだったりに亀岡君の画像を使ってたりするわけで、「ハーツ&マインズ」も「デメキング」も、ばっちりバイブル的漫画だったわけだけど、読んでみて驚いた。1話以外ほとんどすっかり忘れてる。

果たしてデメキングとは!? デメキングは実在したのか? そこは読んでのお楽しみとして、この1話の地方都市の風景、閉塞感。読んだ当時もうこれだけが強烈に焼き付いてた。このページの意味の分からないsmogについての文章は、1話に当てられてそのまま書いたもの。

それにしても、決意を固め東京に出て来てからの展開、そうか、これで忘れてたんだ…。ヒーローとは何か、人を救うとは、「なんか分からないけど凄いことをする」とは。それって何だ!? そんなことを、まんまとモラトリアムな自分に重ねて読んでたからだ。

果たして蜂屋がヒーローになるなら、自分だってなんとかなりそうな気がした。そこがデメキングの最大の魅力だった。ページを捲る度ドキドキワクワクしたのだ。

だけど、そうはならなかった。作品自体未完で終わった。

当然だけど、蜂屋が東京にでてきてからは、あの「天才ヘルメット」を被りバイクを飛ばすシーンはほとんど出てこない。1回仕事帰りに乗るだけ。天才ヘルメットも見えない。幻視した「デメキング」の登場にはバイクにまたがり颯爽とヒーローのように現れていたというのに。

「雨の死闘」つったって、ヒーローとは懸け離れたちまちました人付き合いの描写ばかりだ。この辺りはあまりにも苦々しい。いましろ節炸裂で笑えるとはいえ、どうにも辛い。リアルすぎる。んで忘れてた。蜂屋はあの後デメキング登場まで何すんのか。デメキングはいたのか!? いたんだ!っていつまで信じていられんのか。書き加えられたあのラストにはまさにそんなことを感じてしまう。

多分そんなボンクラな読み方をしてた人は多かったのかなとも思う。この傑作エンターテイメントがこうして時を経て完結したのが今は素直に嬉しい。

にしても、いましろたかしの漫画でいちばん好きなキャラクターは、自我うんぬんを超越したところに居る「クール井上」。あの人最高。「デメキング」と「クール井上」を合わせて読むと、少し大人になった気がする。
| カルチャーひとまとめ | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
回想…ポツドール「人間失格」/
カウリスマキ「街のあかり」/
ヘンリーダーガー展/
渚十吾さん「エコーマウンテンパーラー」
7月8日(日)

ポツドール「人間ハート失格」とカウリスマキ「街のあかり」を一日で見る。
一緒に行ってくれてありがとう!

■ポツドール「人間ハート失格」
ポツドールを観て、もう何という近親憎悪。うあぁこれはオレだぁと。そりゃもう観てて恥ずかしくなるくらい。ほとんどギャグとして描かれているのに(ポツドールの弱者を見つめる視点はいつもユーモアがあるのがいい)。テレホンsex、架空請求にダマされて親から金をせびり、友達には見栄を張る。そんな人間失格。最後のシーン、「行動するかしないかなんだよ」というテーゼの裏返しとも、希望ともとれた。相変わらずあれが舞台上で繰り広げられてるってのが素晴らしいし、いつも全然ぶれてない感じ。

■アキ・カウリスマキ「街のあかり」
チャップリンを彷彿とさせるトラジディ。何しろ「敗者三部作」だ。
逆転のドラマは起らず、苦虫を噛み潰すような悲劇の上塗り。たんたんと流れる
ように全ては進行し過ぎて行って…。
最後に重ねた手の温もり、あぁあああ…。じわーんと仄かに温かい。それにしても余韻溢れる映像のリズムがこの上なく心地よい。これもまた弱者へのやさしい目線がある。人情。

7月16日(月)祝日

■ヘンリーダーガー展
女の子受けする町野変丸とヘンリーダーガーと、早見純との違いはどこか、とか考えてしまったけど、少女たちの壮大なストーリーが脳内で再生された。紙からパンして孤独すぎるヘンリーダーガーの部屋までも。帰りには品川探検も。

7月28日(土)

■渚十吾さんのイベント「エコー・マウンテン・パーラー」
ミニペーパーには自分のかいた文章も載せてもらいました。渚さんにはずっと憧れてて、本も音楽も大好きで、それがこうやって交流出来る喜び。三軒茶屋レインオンザルーフもしっとりと落ち着くお店で、渚さんのお喋りと音楽はいつぞやのラジオのように響くのだった。
新作「green box」も何とも摩訶不思議に暖かくイメージがぎっしりおと詰まってる。「イエスタモロウ」という曲があり、きっと聞くたび、昨日や明日の記憶を思い出すだろう。

ポツドール 人間失格

カウリスマキ「街のあかり」

ヘンリーダーガー展

渚十吾 green box
| カルチャーひとまとめ | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
海にさよなら
Trembling Blue Starsいつまで経っても全く変わらないTrembling Blue Starsの6枚目「The Last Holy Writer」。FIELD MICEから数えたら3.4枚持ってる。心の琴線をかきむしる透き通ったメロディー。タイトルも相変わらず「Say Goodbye to the Sea」「The Coldest Sky」「November Starlings」「From a Pale Blue Rosary」なんて、切なくて痛々しいものばかり。好きだなぁ…。夜明けの薄明かりに小さく輝く。


それではあとは先週のこと
鈴木翁二 夜ノコトバ■木曜日は鈴木翁二個展「夜ノコトバ」へ。
あぁ、素晴らしい。翁二さんの透明な夜の世界。水彩画が載った地元北海道の雑誌と、これでお便りを書いたら、どこか見知らぬ人に辿り着きそうなポストカード。それにバッヂを買った。古い版は持ってるけど「うみのきらきら 新装版」も。これ、中野弥生町日記が物凄くいいです。
一度その時代のインタビューをさせてもらったので、近いうちには世に出さなくては。


■先週の土曜日は渚十吾さんの「エコー・マウンテン・パーラー」へ。
会場となった三軒茶屋[Rain on the roof]はLovin' spoonfulの曲名からとられた素敵なお店。渚さんのお話とDJに時を忘れて音楽遊泳。
今月発の新作「green box」も待ち遠しい。自分のイベント「ウタモノの夕べ」にもゲストでお呼びしようと思ってます。お楽しみに。

エコー・マウンテン・パーラー

rain on the roof



| カルチャーひとまとめ | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
<< | 2/4PAGES | >>