おたずね

忍者くんのヨロイの倒し方、知ってる人いたら教えてください
メールはコチラ。
unagiinu
@jcom.home.ne.jp


あわせて読みたい
カテゴリー
■主催イベント■

『ウタモノの夕べ』
http://utamono.to

次回開催決定!
07年10月20日(土)

三軒茶屋Rain on the roof
前々回のはmap福田氏に続き、ゲストに渚十吾さんをお迎えします!!(弾き語りミニライブあり)
お楽しみに!


月別アーカイヴ
モバイル版
qrcode
<< 北区 | main | 面接 / うたの3枚 Doug Paisley , M. Ward , Andrew Bird >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
Odawas , フィンケ新監督
■今日の一枚
Odawas「The Blue Depths」
odawas 親しみやすい名前がいいな、オダワズ。オダワズ。言いたくなる。
Jagjaguwarらしく、やっぱりハズレ無しの地味渋叙情風味ラインでもあるけど、影響を受けた音楽がBlue Nile、ジャクソンブラウン、ポポル・ヴー(!!)ってことで、名前に反して都会的、洗練された柔らかいサウンドスケープにプリファブ・スプラウトっぽい夜のロマンもキラリ。ブリティッシュでそこはかとなくAORなソングライティングに、近くて遠い80年代の足音が聴こえてくる。

■フットサル , フィンケ新監督
最近はほぼ週2回ペースのフットサルやってて、
今月末はまた大会! 今度は2勝はする。したい。できたらいいな。

フィンケ新監督で、盛り上がっているのが今季の浦和レッズ!! 今年は違う!
今までさんざん迷走を繰り返したフロントが遂に仕事した! フィンケ新監督の練習レポートが上がってくるたびにその的確さ、芸の細かさ、欧州基準の発言に痺れまくり。

今年、きっとフィンケ監督は日本のファンに大きな土産を残してくれるはず、と期待せざるを得ない。オシムやベンゲルがそうだったように。そして願わくばいつか日本代表監督に。オシムしかりベンゲルしかり、優れた監督は必ず優れた哲学を持ってる。彼らを一生の師と仰ぐ選手がどれだけいることか。
ってことで、ブンデスリーガ2部でドイツらしくないパスサッカーを指向し、オシムも一目置いているというフィンケ監督の、Numberでのインタビューに答えた言葉もまた素晴らしすぎるので抜粋。
「アイデアがともなったフットボールは、それそのものが“言葉”なんだよ。日本人でも、中国人でも、アメリカ人でも、みんないっしょにプレーすれば、それがコミュニケーションだ。なぜ、世界中の人がサッカーを愛し、熱狂するのか。それはフットボールそのものが、第一の言葉だからだ。オレはここにいるぞ、というエモーションであり、怒りである。フットボールにおいては、多くのコミュニケーションが感情的になされる。フットボールのアイデアこそ、興味深いものだよ」
 [独占インタビュー] フォルカー・フィンケ

言葉に翻訳されない、ロストイントランスレーションしないコミュニケーション、そこにこそ喜びがある。草フットサルでさえそう。良く行く個人フットサルでさえ、見知らぬ人が集まっても上手い人ほど個人プレーよりきれいな形を作ろうとするし、チームとして連動して動けたときがいちばん盛り上がる。身体でコミュニケーションする喜び。フットサルが楽しいのもこれなんだった。

あとこれいいな。
Green Island 
「道路が芝生だったら?」のアートプロジェクト。
実現したらフットサルもどこでもできる。Jリーグ百年構想の未来!!

・原宿駅
Green Island 原宿駅

-----------------------------------------------
| サッカー・スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
スポンサーサイト
| - | - | - | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://unagiinu.jugem.cc/trackback/384
トラックバック