おたずね

忍者くんのヨロイの倒し方、知ってる人いたら教えてください
メールはコチラ。
unagiinu
@jcom.home.ne.jp


あわせて読みたい
カテゴリー
■主催イベント■

『ウタモノの夕べ』
http://utamono.to

次回開催決定!
07年10月20日(土)

三軒茶屋Rain on the roof
前々回のはmap福田氏に続き、ゲストに渚十吾さんをお迎えします!!(弾き語りミニライブあり)
お楽しみに!


月別アーカイヴ
モバイル版
qrcode
<< 渚十吾さんのイベント「エコー・マウンテン・パーラー」のお知らせ | main | L'altra 来日公演 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
「さらば 仮面ライダー電王 ファイナルカウントダウン」
「新しい時間はもう動き出してるんだ」

さらば電王 仮面ライダー電王、まさかの3度目劇場版! すごいな〜(ヤフー特集
初見で、顔にブラジャー付いてるじゃん、って言われてたのが懐かしいよ…。

この作品自体、海をまたいで一緒に観た記憶があったり、思い入れがあるだけに、こうしてファンの思いに応える形で続くってのが嬉しい。

「電王完結編」と銘打った今回の映画でも、決して核心部分が明かされたりするわけでもなく、丸っきりいつもの電王。モモタロスたちとの絆があって、イマジンズは相変わらず(リュウタロスが少し成長してたり)過去へ行って悪者を倒してめでたし。でもちょっとじんわり暖かいものが残る黄金パターン。

決してその枠はハミ出さないというか、どっちへ転んでも邪悪にならないこの品の良さが藤子先生みたい。みんなに受け入れられる秘訣であって、ひとつ脚本の小林靖子さんの腕なんだなぁ。ジャンパーソンだかウィンスペクターのときに脱サラして脚本家デビューしたんだよね。凄い。

だから電王のストーリーはどんな切り口で来るか毎回楽しみだけど、今回の「さらば電王 ファイナルカウントダウン」は、去年夏の「俺、誕生!」とは脚本の構造がちょうど対になる形。なるほどそう来たか!

小太郎と幸太郎。両親と孫。奪われたデンライナーと新しいデンライナー。記憶喪失と乗っ取られた状態。良太郎を巡る物語が芯にあって、「人の記憶こそが時間」「覚えているからこそ存在できる」っていうテーマは「忘れられないことの辛さ」へと逆転してた。

「俺、誕生」で両親から繋がる時間を意識し、「さらば電王」で未来の子孫へと橋渡しされた時間を実感する。うん、バック・トゥ・ザ・フューチャーと同じとも言える!(3は除く)そして最初に書いたセリフ「新しい時間はもう動き出してるんだ」へと見事に着地。子どももそして大きなお友達(自分のような)も楽しめる見事な出来でありました。

もはやね、「HEROES」や「バトルスターギャラクティカ」、ひいては「ダークナイト」とも同じ目線で楽しんでるから!

バンダイのおもちゃ主導マーケティングだとか、そんな事情があったって、やっぱりこれだけ愛されるものがあるって、存在する価値と喜びがあるよ。

この公式ムックも役者、スーツアクター、監督、スタッフ、声優、作り手全員の電王が好きっていう想いとクリエイティビティが伝わってきて、いち視聴者としても胸が熱くなる!
さらば電王

旅行やその他色々はこれからまた。
| 仮面ライダー電王 | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
スポンサーサイト
| - | - | - | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://unagiinu.jugem.cc/trackback/378
トラックバック