おたずね

忍者くんのヨロイの倒し方、知ってる人いたら教えてください
メールはコチラ。
unagiinu
@jcom.home.ne.jp


あわせて読みたい
カテゴリー
■主催イベント■

『ウタモノの夕べ』
http://utamono.to

次回開催決定!
07年10月20日(土)

三軒茶屋Rain on the roof
前々回のはmap福田氏に続き、ゲストに渚十吾さんをお迎えします!!(弾き語りミニライブあり)
お楽しみに!


月別アーカイヴ
モバイル版
qrcode
<< 京都 ほか | main | サッカー、今日の音楽 Paavoharju、Tape、The Child Readers >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
ミスト / MARK KOZELEK来日公演
風邪。風邪とロック。
ここ数ヶ月、日々新しい荒野が見えるようで、あとは動くだけ、といつも考える。

■映画の感想 ミスト見て来た(ネタバレします)
「映画史上かつて無い、衝撃のラスト15分」
ということで、タダ券をもらったので思わず初日に見た!
映画 ミスト
語り尽くされてるあの結末、やっぱりアメリカ人があそこに辿り着くには何ちゃらとか言いたくもなるけど、しかし、極限状態の中で失われていく人間性…なんてのは、こちとらもうとっくにデビルマンで通過してるわけです! 悪魔狩りによって美樹ちゃんが殺されたとき、人間なんて滅べ!! (よくもあんな可愛い子ちゃんを! )と不動明でもないのに本気で思ったわけで。

にしても、霧に包まれた町の描写はお見事、あの閉塞感、さらに広がる霧の中には未知の生物がいるという対比はホントに怖かった。

であの結末ね。救出された人達の中にあの! あの冒頭スーパーから飛び出たおばさんが!! 皮肉すぎる。スクリーンの主人公以外の場所で、他者の価値観で、確実に別の物語が動いていて、むしろその方が正しい、という構造をくっきり浮かび上がらせる結末はやっぱり、アメリカの正義に対する皮肉とも取れる。うーん良かった。

ラストシーンに流れたDEAD CAN DANCEが結構持っていったけども。

■MARK KOZELEK来日公演(mixiに書いたもの)
mark kozelek
よかったー! いいライブみた! 初来日。

ネストは満員だったけど、吉祥寺とネストに分けたP-Vineさん分かってる。淡々と弾き語りにアコギのサポートが一人。本人は素朴で茶色のブルゾンに黒のシャツ。一曲毎に丁寧にチューニングする姿が印象的だった。

アメリカのアーバンな感じ(想像上の)、するよねぇ。ポール・オースターがいちばん醒めてるときみたいな。都市生活者の孤独にすーっと。歌だってうまいわけじゃないのに、響きが凜としてる。人を許すような種類の強さっていうか、酔って書いてるけど、まあほんとに。スクリュードライバーのカップもって聴きながらそう思って震えてた。

Red House Paintersから二十年。Shock meやSummer dressも聴きたかったけど、こんな切々と淡々としてる歌を待ち望んでここに来てるって、日本のファンすげえ、みんなすげえ! とかひとりでたかぶって。

彼らのジャケじゃないけど、ライブが終わって誰もいないステージをパチリ。そこに歌の感触と温もりが残っている気がして。

MARK KOZELEK来日公演
| 音楽なこと | comments(0) | trackbacks(1) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
スポンサーサイト
| - | - | - | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://unagiinu.jugem.cc/trackback/364
トラックバック
「ミスト」霧の中の恐怖
 スティーブン・キング原作「霧」の映画化作品「ミスト」を鑑賞。  監督は「グリー
| 小覇王の徒然なるままにぶれぶれ! | 2008/05/17 1:39 AM |