おたずね

忍者くんのヨロイの倒し方、知ってる人いたら教えてください
メールはコチラ。
unagiinu
@jcom.home.ne.jp


あわせて読みたい
カテゴリー
■主催イベント■

『ウタモノの夕べ』
http://utamono.to

次回開催決定!
07年10月20日(土)

三軒茶屋Rain on the roof
前々回のはmap福田氏に続き、ゲストに渚十吾さんをお迎えします!!(弾き語りミニライブあり)
お楽しみに!


月別アーカイヴ
モバイル版
qrcode
<< 機械に花を 職場に風を 人には愛を 街には雨を 夜には君の面影を | main | 大阪行き >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
ぼくと麻雀
阿佐田哲也の麻雀放浪記を読んだのは麻雀を覚えてからかその前からだったか、とににかくドサ健に憧れては、鉄火場に想いを馳せていたわけです。

桜井章一の裏プロとして20年間無敗だとか、阿佐田哲也の文章から透けてくる何かの匂いとか。

今でも胸が高鳴るよ、「鉄火場」この文字この匂い!
たまに町中のボロボロの雀荘(それこそ「平和」とか「發」みたいなベタな名前の)に飛び込んでテンピンなんかで対戦してみるのは、市井のギャンブルである麻雀の、商店街の親父と顔を突き合わせて打つあの感触がたまらないからなのです。

まあ高校時代とも違って、今じゃお金にもそんなに余裕が無いわけじゃないし、さすがに経験年数もあって、普通に打てばほとんど負けることはないので、昔ほど緊張したりはしない。昔なんてね、アウト(=店から借金)っていう怖い制度があって、2000円しか持たずに雀荘とか、今じゃ制度的にそういうことはできなくなってるんだけど、メンバー(店員)には中学生のころ家出して雀荘に来ててそのままメンバーになった、みたいな奴がいたりして、
それに近い雰囲気が多少まだあったなぁ。今ではギャル雀とか、美人女流プロなんてほんとに美人だったり、なかなか健全になりました。

んで、今でもあの頃の麻雀劇画を読むと疼くわけです。

今回は青山 広美の隠れた名作を2つ。
大地震で壊滅した新宿の地にそびえるギャンブラーの巣窟、ゴルゴダ・タワー。不老不死薬"ハレルヤ"を目指して、明日なき血と殺戮の「トーキョーゲーム」。

し、しびれるぅううう!

効用関数値、共分散構造解析、ベイジアン線形学なんていう用語を持ち出す敵まで登場。「麻雀が確率で勝てるかよ!」という弱い相方役に、「浮かれるな 彼らは本物だ 今までとは全く異なる強敵だ」などと、イカす台詞が満載!
「そんな…わかるはずがない… 手牌の組み合わせは星の数ほどあるのに…」
「肉眼で見える星の数はたかだか6千個にすぎぬ 文学的感傷に酔うのはやめたまえ」

くぅうう!

トーキョーゲーム
トーキョーゲーム 青山 広美



さらにもう一つは、 裏イカサマ師vs天才マジシャン、出目徳の「2の2の天和」(麻雀放浪記)から時はながれ、今はどこでも全自動卓、そんなご時世に必ず天和をイカサマであがる"蛇"との対決が描かれる「ザ・バード」!(本来"ザ"はついてないけど勝手に付けました) これは凄い。全自動卓での天和のトリックがことごとく解き明かされ、マジックを駆使して対抗し新・自動卓天和を編み出す展開にはうなりっぱなし!

プロの仕事はなぜ美しい? (中略)----だが、歴史を作って来たのは往々にしてそんな愚者の群 地球は丸いという信念だけで未知の航海に挑んだマゼラン 実の息子を実験材料にした種痘の発明者ジェンナー 空気より重いものは飛べないという常識に挑んだライト兄弟 もちろん麻雀などそんな偉業には及ぶべくもない 麻雀はしょせん麻雀 イカサマそのものには何の意味も価値もない 
だが それでもなお 胸が熱くはやるのは何故だ?
不可能を可能にする命がけの修練が
奇跡を生み出す悪魔の執念が
我々の胸を魅了して止まないのは何故だ?


あちいぃい!!熱すぎる!やけどした!!
こりゃもうカイジとかの裏に隠れて傑作ギャンブル漫画なのは間違いない!誰か読んで。語ろう!
バード
バード 砂漠の勝負師


装飾されてない市井の麻雀・雀荘のリアルな雰囲気といえば、
青木さやかさんのこの日の日記がいい。高円寺の風景と相俟ってありありと情景が浮かぶようで、しんみりします。人は孤独!だけど
| 自分史 | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
スポンサーサイト
| - | - | - | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://unagiinu.jugem.cc/trackback/145
トラックバック