おたずね

忍者くんのヨロイの倒し方、知ってる人いたら教えてください
メールはコチラ。
unagiinu
@jcom.home.ne.jp


あわせて読みたい
カテゴリー
■主催イベント■

『ウタモノの夕べ』
http://utamono.to

次回開催決定!
07年10月20日(土)

三軒茶屋Rain on the roof
前々回のはmap福田氏に続き、ゲストに渚十吾さんをお迎えします!!(弾き語りミニライブあり)
お楽しみに!


月別アーカイヴ
モバイル版
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
日本の音楽
梅山君に誘ってもらいまして、インストアライブに。

書いてないけどこないだルイス・フューレイを高田馬場で見た以来(かっこよかった。誰かと思ったら娘さんが来て歌ってた!)。タワレコ新宿店のインストアは911FANTASIAの七尾旅人のとき以来。


いなかやろう

それで、いなかやろうレコ発インストアライブ(他に三輪二郎あだち麗三郎)。
日本でもこんな面白いシーンが生まれ始めてるんだ、って聞いてた通りの、すばらしいライブでした。ポップでうたで、なんかもうみんな幸せな感じで、自由で、すごく楽しい。好きで集まってる子たちも本当にこれが好きなんだって、なんの無理もなく何かの後追いでもなく、影響がどうのでもなく、それぞれ出来る事をやってて、しかもそれが多幸感に溢れてて

これは間違いなく青春だ、と、いいもん見ました。
日本の新しいウタモノ。心のどこかに閉じ込められてたものが、スーッと昇って広がってく感じ。青春の花火があがりました。

その後飲んで確認したこと、今これモテてるぞチェックリスト大事。

あーあと遂にDakota suite初来日!! ぴあでまだ整理番号5番!
dakota suite 来日
| 音楽なこと | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
新しい暮らし
The Flowers of Hell「Come Hell or High Water」、Woods「Songs of Shame」、Balmorhea「All Is Wild, All Is Silent」
色々あって引っ越しも終わり、新しい暮らしにもちょっとづつちょっとづつ慣れてきました。
毎日おいしいご飯を食べて、今まで生きてきた中でいちばんいい食生活かな。

■最近の音楽

The Flowers of Hell「Come Hell or High Water」
The Flowers of Hell「Come Hell or High Water」
毎日こればっかり聴いてる。
ゴッドスピード・ユー・ブラックエンペラー! を引き合いに出して語られてるけど、ノンノン! ジャケットや名前を見れば一目瞭然、この人たちは明らかにプログレ好きだね! 特にエニドとか!
いつまで経っても絶対に再評価の光があたらない、オシャレと無縁の暗黒魔境、ディスクユニオン新宿プログレ館のあの匂い、シンフォニックプログレの正しき血統ここにあり! ということで、曲の構成や実力は間違いなし。弦楽器に重なるピアノは神話の夕暮れ。邦版にはきっと「どこまでも格調高く鳴らされる叙事詩・新しい神話!」てな帯が付く。
 
Woods「Songs of Shame」
Woods「Songs of Shame」
むちゃくちゃいい!
何このヘナヘナに弱った音。ギターの歪みも裏声も気持ちいいロウファイサイケポップにどうしようもなく刹那さ炸裂の唄。こんなバンドがまだいたんだ、って。「Born to Lose」聴いて、今日も寂しい夢を見たいよ。
それでも、グラハム・ナッシュさんのカバー「Military Madness」は陽気なメロディながられっきとした反戦歌で、いまロウファイを鳴らすことの自覚のようなものも伝わってくる。気がする。ジャケットの気張り感もすごく好き。


Balmorhea「All Is Wild, All Is Silent」
Balmorhea「All Is Wild, All Is Silent」
バンド名は街の名前らしいので、googleストリートビューで見てみると、ほんとにジャケットそのままの広大で何も無い土地だった。テキサスの小さな集落。あとは何にも、何にも無い。
アコギとピアノ、ストリングスの端整な展開から零れ落ちる叙情がそんな見知らぬ郊外の寂しさを呼び起こすんだけど、そこにもきっとただ暮らしがあるだけだから、遠く離れて思う幻想のようなもので、まあそういった風情を湛えた素晴らしいアルバム。小さな街に風が吹き抜けていきます。

| 音楽なこと | comments(0) | trackbacks(37) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
準優勝した / sam kills two
フットサル大会に出場。草エンジョイリーグで本気。ここがまたいい具合に上の階が観客席になってて、気分が高まるわけよ! 今日はやる!

さて試合の方は、1試合目開始からいちばんプレイしやすい右サイドに陣取り、4,5本立て続けにシュートを放つものの、全部枠外。この後あんまりパスが来なくなりました。

初戦勝てた相手に0-2で負け、この瞬間もう20個くらい言い訳が浮かんだけれども(金曜もフットサルした、午前中トレーニングしすぎた、ちょっとお腹痛い気もする…)、4試合目にはやっと自分も先制点1ゴールを決めて、なんと、結果、みんなの活躍でリーグトップ。もう片方のリーグトップとの優勝決定戦では負けたものの、まさか、まさかの準優勝! 楽しかった! 上手くなりたい!

■今日のうた
Sam Kills Two / Sam Kills Two
Sam Kills Twoイギリスらしい、濡れたアスファルトのメロディ。雨降っても風通しはいい。地味だけど何回も聴き返したくなる良さ。ほらBedheadだったり、Spokenだったり。レーベルはあのMazarinを発掘した、ニック・ドレイクが好きでスロウコアが好きでスペースロックが好きなオーナーがやってるROCKET GIRL。時折見せるドラマティックな展開にラララララもいい。あったかい。

| 音楽なこと | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
面接 / うたの3枚 Doug Paisley , M. Ward , Andrew Bird
面接してる。
とにかくなんで? ってくらい経歴が立派な人や各方面の業界からの応募があって、やっぱり不況だなぁ、と実感。んでクリックひとつでポチポチと書類選考不採用にするこのむず痒さ。web業界だって自分のとこだって、どうなるのか分からないから、まっとうにいいものを、人のためになることを、だよなぁ。

面接官って言ったって、だいたい自分が面接官だとして、自分が面接に来たらだよ、
「今まで大変だった事はなんでしょう?」 「アイスクリーム工場でバイトしたらめちゃくちゃ寒くて! アイスはくれないし、文明堂もバイトしたんですけど、あれカステラくれないんですよ」って、おまえ不採用! 役立たずが!

タイミングが違えば立場も違ったワケで、上から目線にだけはなりたく無いもんです。こんな事件と映画もあった。人の行動は役割によって決まると。

■今日のうた

Doug paisleyDoug Paisley「Doug Paisley」
Bird By Snowのジャケを思い出す人体+光線の遊び心がいいカナダのSSW。カントリー調で簡素なアレンジに渋いうた声も情感溢れ味わい深く、TOM RUSH思い出すような。牧歌的ながらペーソス漂う、「地面を掘る、穴を掘る」(Digging in the Ground)って曲がいいんだ。自分の聞き取り力では全く分からないけど、石油掘りやゴールドラッシュを歌ったよう内容かな、だってきっと人はみな、何の為にか自分でもとうに忘れた穴を掘り続けているんだから。で、帰ったらこのうたを聞いたらいいんだ。

M.wardM. Ward「Hold Time」
うおー新作だよ! この人って昔からいいインスト作るよなぁ。だってアルバム最後の「Outro (AKA: I'm a Fool to Want You)」なんてもう『特捜最前線』しか浮かんでこない! 都市の孤独、って言っちゃあ簡単だけど、人情ポロポロ、染みてくる。ミドルテンポでしっとりとしたアレンジに仕上がった「Oh Lonesome Me」のカバーも、この人らしい。ニールヤングがカバーしたバージョンと思わず聴き比べ。

Andrew BirdAndrew Bird「Noble Beast」
ジャケを広げると豊かな草原の夕暮れで、さらに三つ折りをもう一度広げるとそこには深い夜に微かな光、はっとして、これはなんだろう、蛍、かな。『Soldier On』の口笛郷愁ソング「The Water Jet Cilice」はずっと聴いてた。今作も上品な知性を感じるうた心に、ギター、バイオリン、口笛、フルートが色を添えて、アルバムを通して浮かび上がってくる物語がお見事。じっくり聴いて向き合いたい、うたを伝える人の本当に価値ある一枚。素晴らしい!

| 音楽なこと | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
(行けなかった)Starlets来日公演 / 芝生の復讐
StarletsStarlets あぁStarlets、Starlets。
行けなかった…いや行かなかったよ…ずっと見たかったのに! なんでどうしてでも行かなかったんだ!! って、事あるたびに悔やむだろうな。家でCDを聴くたびに。でもひょっとしたら、見れなくて想い続けることの方が、贅沢だってこともあるかもしれない。

たまには行けなかったそんなバンドのライブについて。

このバンドだったら、凄く寒い日にひとり見知らぬ土地の小さなライブハウスまで行って、街を回った後にふらりとライブを見たい。お酒を飲んで想い浮かべる、有りもしない思い出、架空の人生の名シーン。きっと誰もひとつやふたつくらいあるはずの、毎日を少しだけ愛しいものにする灯り。人生に必要な優しさ。あぁ、あの時もし…そう思わずに生きられる人は少ない。ギターポップのいちばんかけがえないところを、鳴らしてるバンドのひとつ。

この曲もやってた。あー行くんだった!!
「Marie Claire」

芝生の復讐「芝生の復讐」リチャード・ブローティガン
雨に濡れそぼつ子ども時代の記憶と、カリフォルニアの陽光。その明暗のはざまに浮かびあがる、メランコリアの王国。密造酒をつくる堂々たる祖母、燃やされる梨の木、哀しい迷子の仔犬、ネグリジェを着た熊、失われた恋と墓のようなコーヒー、西瓜を食べる美しい娘たち……。囁きながら流れてゆく清冽な小川のような62の物語。『アメリカの鱒釣り』の作家が遺したもっとも美しい短篇集。



何回目か、電車でポツポツ読む。
何だろう、この人にしかない不思議な静けさのようなもの。

あとはむかし図書館で借りて読んだ「ハンバーガー殺人事件」。確かに内容は間違ってはないけどさ…っていう邦題についても、ひとまわりして愛着すら湧いてきたから何も言わない。とにかくブローティガンの遺作であってこの名作が早く復刻されますように!!
| 音楽なこと | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
L'altra 来日公演
最近もいろいろ楽しいことがあったり。部下がつくことになったり。

今日も素晴らしいライブを見た!
遂に来日したシカゴはL'altra。渋谷O-nest。
laltra来日公演

ラルトラ ラルトラ
この2枚のアナログを部屋に飾ってる人も多いはず

抜群の演奏でハーモニーするキーボード、ギター、べース、アコーディオン。それに歌。端正なリズムをキープするドラム(上手い!)の人は今日の夜の記念、オバマTシャツだ!!

水面の波紋のごとく穏やかに美しい旋律が広がって、見慣れたO-nestがどこまでも遠い景色に変わる。なんだか、リバーブひとつにさえ品がある。確固たる演奏技術に裏打ちされた孤高の美意識が、彼らの王国を映し出す。

これがもし魔法なら、渡り鳥たちは彼の地に集り、お婆ちゃんの腰だって真っ直ぐに治るだろう。どこか温もりのある透徹さ。あぁ! 叙情じゃ足りないスロウコア!! 原宿アストロホールで6年くらい前に見たLOW、それからGodspeed you! Black emperorだって思い出す。凄く良かった。

外に出たら肌寒く張りつめた空気はもうすぐそこに冬。
| 音楽なこと | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
渚十吾さんのイベント「エコー・マウンテン・パーラー」のお知らせ
アイダのライブ凄く良かった。まだ10月に観る人も羨ましい。Duoが珍しく指定席で、あまりに良いんでウトウトして夢を見た。あの清冽な音を信じて奏で続けるってのがいいよなぁ。

【お知らせ】
今週土曜日 9/27 16:00〜 三軒茶屋レインオンザルーフにて
渚十吾さんのイベント「エコーマウンテンパーラー」にゲストで出ます!
興味のある方は是非立ち寄ってくださいな。

今回は渚さんと半分づつ、3つのテーマセレクションで20曲くらいかけて、お喋りしたりする予定です。

ムーディーブルースやチューブラーベルズを表紙にしたレーベルブックまで出しちゃう素敵な音楽雑誌ストレンジデイズでの奇跡の連載「バナナ・エンサイクロペディア」を毎回楽しみにしている人も、Peeweeでの連載をこっそり読んでた人も、「冬草の耳とアストロ・チューニング」「火星も月も行ったことない」このタイトルと固有名詞の選択に心揺れる人も、今でもずっと「十月の旅人」な人も、やっぱり何度でもブローティガンを読み返しちゃう人も。何かひとつ言葉や音を胸にしまって帰れるでしょう。こんな深夜ラジオがあったらきっと宝物。

イベント中も通常のカフェ営業なので、入場料はありません。レインオンザルーフのロッジ風の雰囲気も心地良く落ち着いて、夜には照明も落とされてより暖かくなるんです。

空想紅茶
「空想紅茶」渚十吾
| 音楽なこと | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
鈴木翁二さんのライブ
屋久島から無事帰ってきました。

あぁ、屋久島はほんとよかった。「仮面ライダー響鬼」第一話で響鬼さんがここに! とか、成瀬巳喜男の「浮雲」では絶望的な国境の島として、陰鬱すぎる雨の中で高峰秀子演じるゆき子が死んでいった光景が忘れられない場所だったけど、実際はそんな事は無くて、とかまあ屋久島の話はまたあとで書くとして、

昨日は1年ぶりくらいに鈴木翁二さんのライブへ行ってきました!
場所は西荻窪「のみ亭」
のみ亭

鈴木翁二さん

鈴木翁二さん

やっぱり十代から二十歳くらいの頃、物凄くのめり込んだ漫画を書いていた人が目の前で歌ってて、そのあと一緒に飲んだりして、ってのが信じられないっていうか、嬉しいよなぁ。普通の事になっていくけど、それもうれしい。

前に見たときより翁二さんも声が出ていて良かった。ご本人は、手放しで褒めてくれた女の子のことを「幻想でそう見てくれてエッセンスを感じてくれてる」って言ってたけど、やっぱそうですよ! 群青色の夜のなか、遠い口笛を聞いたような気がして、さらわれたくなるこころ。北海道浦河町の夜の海辺に浮かぶ漁り火、いったいどんな風だろうって。ずっとさびしい気持ち。

ライブの後は飲み会もちょっとお邪魔させてもらって、
今のシバが物凄くイイとか、「たま」の知久さんや伝説の吉祥寺「ぐあらん堂」の方もいて、とも(友部正人)は何であんなに女にモテるのか、なんて話とか、あがたさんとかエンケンさんの話とか、のみ亭のお客さんが酔いどれで浅川マキ「かもめ」を歌ったり、当時の空気に混ぜてもらってるみたいで一人ですっかり感動して、いやとても楽しかったです。
| 音楽なこと | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
引っ越し記録その2、夏CD(fleet foxes他)。
暑いっすねー。テンション上がります。
毎日のようにアクセスしてチェックしてくれてる皆さん、
コメントを頂戴した皆さま、お待たせしました! 日記です!!

引っ越ししてちょうど今日で一ヶ月。時が経つのは早いもので、引っ越しした日はつい昨日のようでも、自炊も順調に回るようになって、暮らしに馴れ自転車で回って地元の人とコミュニケーションもした。東京に住んでるのが不思議だし、人ってやっぱり環境に規定されてるもんだなぁって、しみじみ。まあ、30年もさいたまに住んでたからね。

■ひっこしと一人暮らしに伴うあれこれ
amazonは会社に届くようにしたけど、ちょうどいいタイミングでコンビニ引き取りも。でもこれ自分のブラウザからじゃうまく動かない。
100円ショップで買えるいちばん旨い蕎麦の乾麺はズバリこれ。いちばんコシがあり、刻み海苔と胡麻とネギで充分そこらのお店の味。

仕事でこないだ「ケーブルフェア」に行ってきた(リアル脱衣麻雀ブースがありました)けども、金曜日は「東京国際ブックフェア」でiPhoneを触ってきた。

そんなところで、出掛けてこよう。

■最近のグッときたニュース。
洞爺湖サミット直前ルポ
同町関係者は「警察は人数に不満のようだが、特別なサミット予算がない以上これが限界。毒物の成分分析器も買えなかった」と渋い顔だ。結局、取水ポンプ場と浄水場内の計3カ所に浄水中の水をひいた水槽で数匹のニジマスを飼い、職員が日がな一日監視する“脆弱”ぶりだ。
「日がな水槽のニジマスを監視」 いいよなぁこの仕事…情景が浮かぶ。テロ時代のリアルと、かけ離れたのどかな観光地のひと夏。
ニジマスがちょっと腹を向けて浮かんでこようものなら大騒ぎ。やがて始まる、監視係に追いやられた職員とニジマスの心の交流。ニジマス飼育のコツを通じて知る「仕事とは何か」。そしてサミットの終わり、祭りの終わりとニジマスとの別れ…。(※妄想です)
あぁいい話だ。書こうか。

■それから最近の、夏CD。
Sky 「Bird By Snow」
Sky「Bird by Snow」
http://www.myspace.com/birdbysnow

myspaceの写真にも使われてるどこかの世界遺産なのか、神秘的なジャケが素晴らしいけども、内容も良かった! 自然の霊感に満ち満ちた夏に涼しくなるフォーク。マウント・イアリさんと同じ向きの才能、真摯さを感じます。

Fleet Foxes 「Fleet Foxes」
Fleet Foxes 「Fleet Foxes」
http://www.myspace.com/fleetfoxes

はー素晴らしい! 居そうで居なかったバロックフォークロックというところ。レフトバンクのようにポップではなく、ダンカン・ブラウンさんほどパーソナルでも無くて、トラッドフォークに寄りすぎない中世感がいい。あと、この人の声もいい。

Okay 「Huggable Dust」
Okay 「Huggable Dust」
http://www.myspace.com/okaytheband

不意に被さってくるシンセが、あー! こ、れ、はー!! グランダディ!!
12曲目「Beast」と14曲目「Truce」なんて、このエフェクトとノイズの入れ方、まるっきりグランダディの1stだ。このジャケからすると、きっと歌われているのもコミニュケーションの断絶についてなんでしょう。夕暮れのしょんぼりメイト再来で泣けてくる。



| 音楽なこと | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
サッカー、今日の音楽 Paavoharju、Tape、The Child Readers
考えているところ。

チャンピオンズリーグ決勝のC・ロナウド、良かった。
昔はこれ見よがしにこねくり回してて好きじゃなかったけど、今や顔。チームのために。ということで、今日は会社のバレーボールとフットサルをハシゴして計3時間半。いい疲れ。

バレーは下手過ぎる。レシーブはかろうじて出来ても、頭に描いた華麗なアタックは現実では空振りだった。上から落ちてくる物体への処理が苦手だから、怖い。そういえばテニスもそこが弱点だったし、バトミントンもそう。

フットサルは風邪の病み上がりと薬のせいで動けない。
昔のサッカー日本代表なんて、なんでこんな人選?と不思議だったけど、今なら分かる。まず先に来るのは体力なのだ。

技術の無さは体力でカバーできても、体力の無さは技術ではカバーできない。特に11人でやるサッカーと違い、フットサルの場合5人。1人の運動量が落ちて0.5人になると、5対4.5であっという間に数的不利に陥るのだった。まあ大体シュートだけ少しできてあとは全然ダメだけど。もう少し動けて上手くなれたら。

ジーザス・クライフ・スーパースターそう考えると、74年のクライフ率いるオランダの『トータルフットボール』がどれだけ革新的で美しく魔法のような奇跡であったことか!! 絶対的な運動量と卓越した技術に磨き抜かれた戦術眼。78年W杯の欠場理由が家族の誘拐未遂だったと最近告白していたけど、あの大会でもクライフが出ていたらオランダは…。一回きりだったからこそ、あれだけ鮮明に皆の記憶に残っているのかも知れないけど。あの美しいサッカーの中心人物がまた抜群に美しいっていう。クライフターン、みんな真似した。

それから、1990W杯イタリア大会のアルゼンチン対ブラジル戦のマラドーナ。厳しくマークされ完全に抑え込まれて、90分本当に何も出来い。それでも最後の最後にカニージャにスルーパス1本通して1-0で勝つっていう、あれ。

サッカーのこと色々思い出して、まあ頭の中では、そういうことになっていたんだけど。

■今日の音楽(リンクはmyspace)
Paavoharju「Laulu Laakson Kukista」
Paavoharju「Laulu Laakson Kukista」
「新しい音楽は常に辺境から現れる」、っていうあの懐かしい言葉を思い出す、フィンランドのPaavoharjuの新作。既にさんざん話題をさらっているけど、アニマル・コレクティブのように時代の顔として、間違いなくまだ傑作を残すんだろうな。古き良き伝統のトラッド然としたメロディを基調に、多彩な色合いを魅せる幻想的なアレンジ。フィンランド語のメロディがどこか日本っぽくもある。深い森のおとぎ話のようなサイケ感も何処か古くて新しい。科学の発見がいつも詩的であるみたいに。

Tape「Luminarium」
Tape「Luminarium」
テニスコーツのウタ・オリエンテッドな傑作「タンタン・テラピー」での鮮やかなサポートも記憶に新しい、スウェーデンのエレクトロトリオTape。独特の境地に達したこのグループの醸し出す新しい叙情は大好きだ。そして今作はグッとメロディアスな仕上がりに! フリージャズ畑出身のメンバーによるアンサンブルは枯山水の庭園を思わせて、ウタ無くしてもウタの聴こえる不思議なインスト集。後半、Altamira〜Parade〜Illuminationsの細やかな音の配置とまるでプログレ! なシンセ音に宇宙が見えた。

The Child Readers「Music Heard Far Off」
The Child Readers「Music Heard Far Off」
ジャケットが内容を表して素晴らしい!! 例えばモノクロの映画をカラーだったと記憶しているような、行間と想像力の幸せな関係。風のざわめきや河の流れ、虫の鳴き声などの刺激的な数々のフィールド・レコーディングに、かすれたウタも弱々しく、朽ち果てた空間を連想させるノイズ混じりの弾き語りがさらさらと。その音像は新しい風景の記憶を呼び覚ますようで。あぁ…たまらない。これは寂れたウタモノの傑作と言っておきたい。

| 音楽なこと | comments(0) | trackbacks(0) | はてなアンテナに追加 この記事をはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! del.icio.usに追加する
| 1/9PAGES | >>